So-net無料ブログ作成
検索選択

”秋華賞”レース回顧です。

みなさん、今日の”秋華賞”はどうでしたかあ? こんにちはまゆ◎です。

3歳牝馬、秋の大舞台、

結果は。。。。

もうご存じですよね、

大外枠もなんのその、バシっとスタートを決めた・・・なんと◎のミッキークイーンが、

勝ちましたぁ!!
最後の枠入れがよかったのか、ポン!と出たミッキー。出たなりで加速し徐々に内側に進路を。
お!なんか予想通りだワン。
向正面に入るころには中段前目という絶好のポジション。折り合いもついている。。。
もともとペースは超速め。
コーナー手前で馬群が凝縮した時も、内目でじっくり直線を待つ余裕が。。
追ってズブイのはいつもの事、でも必ず伸びる。
先行勢がどんどん下がってくる中、外めに出したミッキーが先頭に。
ミルコの乗るクイーンズリングが大外から迫ってくるのをクビ差しのいだところがゴーーーる!
強い勝ち方でした。


ただ。。。分らないのが他の有力馬たち。

レッツゴードンキ・・・行くか控えるかを2コーナーあたりまで迷ってしまったような騎乗。
返し馬から今日はカカると岩田Jが思ったかどうかは分りませんが、行かせるより
抑えていく選択はしていたと思う。結果は一度も折り合えず・・・17着。


タッチングスピーチ・・・もともと後ろからいい競馬をしてきてしまっているからか、あるいは
Hペースを見越してか、スタートしてみれば道中は最後方。いくらなんでも・・・とファンの
叫びが聞こえたかは定かでないにしても、3コーナー手前からスパート。ちと早い、か?
進出し出した時は、お!っと思わせてくれたけど、結局このペースを前めで運んだ馬が
勝つ厳しいレースに対応できなかった感じ。やはり前走は、ハマったのかな。


トーセンビクトリー・・・上位人気の中では勝ち馬に次いでスムースな競馬ができたクチ。
最後の直線も一瞬だけど見せ場は見せてくれました。でも逆に言うとそれだけ厳しい流れの中
では最後の最後で馬のポテンシャルや余力のようなものが問われました感じですね。


さて、
当欄で推奨した、
マキシマムドパリ・・・枠を生かした内ピッタリの我慢騎乗。マークもきつくなく余力を持って
直線を迎えられたことが3着の要因でしょうか。。。力をつけてます。



予想は当たらなかったけど、見ごたえのあるレースでしたね。
この後、この馬たちはそれぞれの道をいくんですね。クラスが分かれこの後の1勝が大変かも
しれないけど、頑張ってほしいですよね。



来週は牡馬3歳の3冠最終戦”菊花賞”です。

またいろいろお話させて下さいね~[キスマーク]







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。