So-net無料ブログ作成
検索選択

”菊花賞G1”レース展望

こんにちは。またまたまゆ◎です。

大外8枠⑰に入ってしまったリアファル。
成績悪い6枠⑪のリアルスティール
前走が如何に試走とは言え負けは負けの②サトノラーゼン、、と

枠順がワクワクさせてくれることになった菊花賞

さて、どんなレースになるのでしょうね。

菊花賞は・・・・菊花賞が行われる京都競馬場、

平坦コースと言われ芝も軽いためタイムが出易いコースですね。

昨年の勝ちタイムがなんと3’01”0のレースレコードでした。
3000mを3分1秒って・・・。速!

でもこれはちょっと例外だと思うんですよね。昨年のレースは
①スタートから飛ばして行く逃げ馬がいて、
②道中もその馬を突いてペースを緩めさせない先行馬がいて、
③後半も速い上がりでゴールできる差し馬がいる。
そんなメンバー構成だったので成立したタイムだったと思います。

さて今年はどうでしょう。
大外⑱のスピリッツミノルが逃げ宣言。
ダービーで先手をとって17頭を引き連れた⑧ミュゼエイリアン
セントライト記念で先行しながら撒くって勝った④キタサンブラックそして当欄でも取り上げた⑰リアファルは逃げてG1まで駒を進めてきました。
そういうメンバー構成なら、
ペースが上がる要因はあるにはあります。
でもスピリッツミノル以外は勝利を狙う有力馬たち。前記①は考えられても
②がどうでるか、ここがポイントだと思っています。

③に関しては皐月、ダービーで好走した⑪リアルスティール
前走勝ちが優秀な⑦スティーグリッツや⑫ワンダーアツレッタなどがいるので
タイムが落ちる心配?はないでしょう。

今回のメンバー、長距離ドンと来い!とう経歴や血統の馬は見当たりません。
みんな2週目の坂の下りまでとにかく折り合いをつけリラックスさせて4コーナー
周り、直線で最大パワーを発揮させることを考えていると思います。

おそらく勝つ馬は、
ばしていく⑱のラップを慎重に判断しつかず離れずの距離を保って追走、 後続の脚を押さえ込んで、かつ自分も自分の最速でゴール駆け抜ける事ができる馬。
さて、その馬は・・・・

そんなこと考えてます。

ワクワクしますね~。

それではまた次回をお楽しみに~[目]






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。